「ただ聞くだけ!」で有名な、
スピードラーニング英語の子供向けコース、

スピードラーニング ジュニア (コース)
2008年3月(当時娘は3歳)より娘と一緒に始めることに決めました。
スピードラーニング ジュニアを聞こう!
対象年齢はこれまで通り、10歳〜15歳ですが、
小さなお子様用に選ばれている親御さんもいらっしゃいます。


私自身、高校時代にスピードラーニングを使っていて、
その後、5回以上行った海外旅行で、驚くほど英語に困らなかった経験があり、

(※ちなみに当時はCDではなく、カセットテープであったため、
私自身は今はスピードラーニングは使ってません^^;再生できないので・・・)

この英語教材の効果には、絶対の自信があったため、
3歳の娘にとっては、
対象年齢が早すぎるということに関する迷いは、あまりありませんでした。

ただすごく悩んだのはスピードラーニングは、
英語を聞きながすだけの教材なので、

大人向けのコースにするか、子供向けのコース
どちらを選ぶべきかで悩みました。
口コミで大評判のスピードラーニング

スピードラーニングは周りの人の声を聞いて、
赤ちゃんが母国語を覚えるように

同じような環境をCDを聞くことでつくることによって
英語を意識せず、知らず知らずのうちに
英語を学ぶ教材なので、

あまりストーリーの内容は問われず、
大人向けのコースでも、
子供向けのコースでもいいと思ったのです。

また私自身もスピードラーニングを再開しようと考えていたので、
大人向けのコースのほうがいいかなとも考えていました。

そこで、とりあえず試しにジュニアコースを試聴。
結局、大人向けのコースではなく、
子供向けのジュニアコースを選ぶことにしました。

決め手は、
ストーリーの内容が子供向けの方が創造性があって、
があって素晴らしかったから。
ジュニアの夢
宇宙の話や、外国の友達、アメリカの学校での生活など、
大人の私でも聞いているとワクワクしてしまう。


そして、発音もリズムも大人向けのものよりは、
ほんの少しだけ、くっきりと、スローに作られていたから。

一応、年齢が3歳でも10歳からのコースを使ってもいいのかと、
販売元のエスプリラインさんに聞いてみたのですが、

これも何の問題もないということ。

やはり、英語耳を作るには早ければ早いほどよいそうですよ。

ですので、3歳でも大人向けのコースでもよいそうですよ。

販売元のエスプリラインの話ですと、
親子で一緒に取り組んでいたり、
親がスピードラーニングを聞いていたら、
そばで聞いていた子供が、
自然に英語を覚えていたという報告

たくさんあるそうです。

ただ聞き流すだけで、
娘の口からポンッと英語がでてくる日を楽しみに
頑張らない英語教育を我が家もこれから始めようと思います。

スピードラーニング ジュニアコースについて
もっと知りたい方は公式ホームページに詳しく記載されています。
参照してみてください。

2009年8月より「スピードラーニング ジュニア」として、
リニューアルされましたので、さらにさらに楽しめると思います。

公式ホームページはこちらです。

『スピードラーニング・ジュニア』

2016年01月14日

スピードラーニング ジュニア 完全復活です!!

長らく更新をさぼっていてすみません<(_ _)>
こんなおさぼりなブログを、
seesaaのアクセス解析をみたら、
毎日100人弱の人が見てくださっているようで・・・。
すみません・・・。(なんだか申し訳ないです

近況をご報告しますと、
11歳の娘、2017年2月の都立中高一貫校受験にむけて日々頑張っております!
英語の方は、小5から小学校でも英語の勉強がスタート!!
スピードラーニングと、関ジャニの歌にでてくる和製英語(?)のおかげで、
他には何〜にも英語の勉強をしていないのにもかかわらず、
英語大好き少女になっています!!
「あゆみ」のコメントによると、
外国人の先生に対しても、物おじせずズバズバしゃべっているようです。
(何をしゃべっているのかは不明ですが・・・)


とはいえ、
スピードラーニングは、
最近は受検勉強の方に忙しくて
聞き忘れることが多かったのです。

それでもたま〜に思い出したように、
私がジュニアや通常版をかけたりするのですが、
以前ほど、まじめに私が聞かせておらず。(娘の勉強をみてやるのに忙しくて・・・)

それに、娘の精神年齢からいうと、
やはりジュニアの方を聞きたがることが多く、

母、決意しまして、
中学を卒業するまでは、ジュニア一筋にすることにしました^^





娘、4月から小6です。
中学生になれば、「英語」が本格的に始まります。
タイムリミットがせまっています。

受験勉強のため、今はライティングやグラマーなどの先取りはできませんが、
スピードラーニングジュニアでヒアリング力を、
最大限に鍛えて
中学にそなえたいと思っています。
続きを読む

2015年05月27日

スピードラーニング 再開しました!

先月より『スピードラーニング』を再開いたしました^^/

娘、もう10歳ですので、
ジュニアコースではなく、
通常のコースでもいいのでは?

と考えるに至りまして、

こちらの、



通常コースの1巻を聞かせていたのですが、
しばらくして、
『前に聞いていた「あやか」のも聞きたい!』↓



と言い出し(覚えてたんだね・・・)、
はたしてどちらをどういう感じに使っていけばいいか
悩んでいます・・・・。

正直、ズボラな母としては、
CDを今日はあっち、明日はこっちと入れ替えるのは面倒くさい・・・。

iPhoneに入れてしまおうかと思ったけれど、
そのままだと、音がイマイチ・・・。

う〜ん。悩みます。
なにかいい方法はないものでしょうか・・・。
(今はとりあえず、通常版を聞かせております。)
posted by らびっと at 16:30| スピードラーニング 10歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

スピードラーニング 再開予定です!

『子供 英語 は スピードラーニング ジュニアで!』
こんなタイトルのブログを書きはじめたのが、
娘が3歳の頃・・・。
2008年3月のことでした。

そして、今、娘は10歳
スピードラーニング ジュニアを続けていれば
なんと7年間継続したことになります。

すみません。もうやだ〜(悲しい顔)
続けていれば・・・の話です。

実は、娘が小3の時に「中学受験」を考えるようになった我が家。
一人っ子ですが、旦那が転職を重ねたため、
娘を私立に行かせるには余裕がないのですが、

地元の公立中学がとても荒れていて、
とても行かせる気になれず、
通塾を決意!(エスケープ受験というヤツです)
(学費はそろそろ私が社会復帰して稼ぐ予定です。)

しかし娘を塾に入れたものの、
娘は私が思っていた以上にオバカだった・・・。

塾の勉強に全くついていけない娘を
私がつきっきりになって指導する日々が続き、
塾の勉強中心の生活に・・・

中学受験に基本的には「英語」は関係ないので、
あんなに長く続けていたスピードラーニングのことが
私と娘の頭の中から
いつの間にか、すっかり消えていったのです・・・。

そして、数年がたった今、
娘が「英語」を学びたがっています!

きっかけは「関ジャニ」ファンになったこと。
関ジャニの歌を毎日聞き、
歌を覚えた娘は、日本語にまざる英語に興味津々。

『この英語の意味は?』と私によくく聞いてくるようになりました。

小5からは小学校でも英語の授業が始まることですし、
そろそろ英語もやらなきゃな・・・。
と思い、そして思い出したのが、このブログ・・・。
まだあるかな?と恐る恐る開いてみましたら、ブログ生きていました!!
中学受験予定の家庭で、
塾通いの場合、英語の勉強は難しいです。
英会話教室などに通う時間もお金もありません。

でも、『スピードラーニング・ジュニア』なら流しておくだけだから、
時間もお金も節約できる!!!
もう、これは再開するしかないでしょう?

あぁ、今度はどういう使い方をしようか、
考えていたら興奮してきました。
すっかり、教育ママになってしまった私です。
posted by らびっと at 21:40| スピードラーニング 10歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

娘、9歳になりました!

毎年このブログで娘の誕生日報告をしてまいりました。
ついに今年9歳です〜がく〜(落胆した顔)

子供の成長ってなんでこんなに早いんでしょう。
あと、もう9年同じように過ごしたら、娘は18歳・・・。
18歳っといえば、私が大学進学のために上京して一人暮らしを始めた年齢です。
そして、そのまま東京で暮らすこと20年です。

私としては、18歳で親元を離れたことに後悔は全くありません。
母のことは好きですが、私とはあわない思想を持った母でしたので、

母がしんどい [ 田房永子 ]

価格:1,000円
(2013/10/17 14:09時点)
感想(15件)




↑まさにこの本のような感じです。

私は自分の母の姿を反面教師にして子育てしています。
娘が旅立つまでのあと9年(旅立たなかったりして〜笑)
娘の重荷にならぬよう、トラウマにならぬよう、
人生の邪魔にならぬよう注意しながら子育てしていきたいと思っています。

さて、話しはかわりまして、
今年の4月、娘は2年半続けたスイミングスクールを卒業しました^^
クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライの4泳法をマスターし、
本人も満足して、自分の意志でやめました。
(ちなみに私は背泳ぎ25メートルしか泳げないです・・・。)

で、今は習い事は、
ピアノと造形教室の2つとなりました。

この2つも、自分がやめたいと思ったら、いつでもやめていいよと言ってありますが、
娘は2つとも大のお気に入りの習い事なのでやめる気はサラサラないようです。

特に造形教室は、小学校でやる図工の延長みたいな軽いものなので、
大のお気に入りみたいです。
(母としてはもっと本格的な授業を求めているのですがね・・・)

で、水泳がなくなった分をどうしようかと現在、考え中です。
まわりでは、英会話教室に行くお子さんが多いのですが、
私自身、小4あたりと、高校時代と英会話教室(LL教室等)に通っていたのですが、
今思うと、無意味だったように思います。

小4の時は日本人の先生で、
アルファベットと「This is a pen.」「Is this a pen?」レベルのことしかやった記憶がないし、
高校時代は外国人教師だったけれどテキストに記載されている構文を使いながら、
自分用にアレンジして会話をする程度で、
あんまり身になってないし・・・。
もし、英会話教室はに入れるならば、
ものすご〜く教室を吟味して入れないと、
かなりのお金の無駄になってしまうと感じています。

それならば、まだ小学生のうちはお家で
『スピードラーニング・ジュニア』を毎日かけながすだけでよさそうですよね。

しっかし、日本の英語教育、学校で何年も英語を学ぶのに話せるようにならないし、
英会話教室だってよっほどいい英会話教室で真剣にやらなきゃカタコトの英語レベルで終わっちゃうし、
もうちょっとなんとかなんないものですかね・・・。

2013年05月23日

小学校の英語4年生から発言!ドッキリ〜。

今朝、ニュースをみていると、
文科相より、『小学生の英語教育を4年生ぐらいから』という提言案がだされているそう。

4年生ぐらい・・・の「ぐらい」があいまい表現ですが、
3年生からも視野にいれてるようで・・・。

うちの子、今、3年生なんですけど・・・。

現在公立小学校は5年生から英語教育が必修化されていて、
低年齢化は大歓迎だけど、
3年生の子供を持つ母親の立場としては、
もし3年生からになるのであれば、早く実行に移して欲しいなんて思ってます。

たぶん、そのうち、英語教育についてはもっと年齢が引き下げられるでしょうね。

今は公立小学は5年生から英語が必修化ですが、
山口県に住んでいる私の姪の小学校は
1年生から英語を小学校でやっているそうです。
地元の普通の小学校なのにですよ・・・。

娘の学校は東京都下、姪は山口県なのに、
この差はなんなんでしょうか・・・。
山口県は特に勉強には熱心で真面目な県民性をもっていますが、
英語を1年からはじめるのと、5年生からはじめるのでは大違いですよね。
その差は大きいと思います。

おそらく、公立小学校の英語は
5年生は必須だけれど、
それ以下の学年でやるかやらないかは地域にゆだねられてるのだと思います。
地域格差が生まれちゃいますよね〜。

でも、私は焦りませんよ〜。
我が家にはスピードラーニングジュニアがありますからね^^
『スピードラーニング・ジュニア』
教材の具体的な内容については、
公式ページでご確認ください。
最新の情報を得ることができると思います。

『スピードラーニング英語ジュニアコース』