子供 英語 は スピードラーニング ジュニア で!

スピードラーニング ジュニア コース 体験ブログです。毎日マイペースにとりくんでいます。
 
子供の英語耳作りに
スピードラーニング ジュニアは
重宝します!
教材について詳しく知りたい方は
ぜひ公式ページを
ご覧ください。

スピードラーニングジュニアコース公式サイトへ!
カテゴリ
最近の記事
「ただ聞くだけ!」で有名な、
スピードラーニング英語の子供向けコース、

スピードラーニング ジュニア (コース)
2008年3月(当時娘は3歳)より娘と一緒に始めることに決めました。
スピードラーニング ジュニアを聞こう!
対象年齢はこれまで通り、10歳〜15歳ですが、
小さなお子様用に選ばれている親御さんもいらっしゃいます。


私自身、高校時代にスピードラーニングを使っていて、
その後、5回以上行った海外旅行で、驚くほど英語に困らなかった経験があり、

(※ちなみに当時はCDではなく、カセットテープであったため、
私自身は今はスピードラーニングは使ってません^^;再生できないので・・・)

この英語教材の効果には、絶対の自信があったため、
3歳の娘にとっては、
対象年齢が早すぎるということに関する迷いは、あまりありませんでした。

ただすごく悩んだのはスピードラーニングは、
英語を聞きながすだけの教材なので、

大人向けのコースにするか、子供向けのコース
どちらを選ぶべきかで悩みました。
口コミで大評判のスピードラーニング

スピードラーニングは周りの人の声を聞いて、
赤ちゃんが母国語を覚えるように

同じような環境をCDを聞くことでつくることによって
英語を意識せず、知らず知らずのうちに
英語を学ぶ教材なので、

あまりストーリーの内容は問われず、
大人向けのコースでも、
子供向けのコースでもいいと思ったのです。

また私自身もスピードラーニングを再開しようと考えていたので、
大人向けのコースのほうがいいかなとも考えていました。

そこで、とりあえず試しにジュニアコースを試聴。
結局、大人向けのコースではなく、
子供向けのジュニアコースを選ぶことにしました。

決め手は、
ストーリーの内容が子供向けの方が創造性があって、
があって素晴らしかったから。
ジュニアの夢
宇宙の話や、外国の友達、アメリカの学校での生活など、
大人の私でも聞いているとワクワクしてしまう。


そして、発音もリズムも大人向けのものよりは、
ほんの少しだけ、くっきりと、スローに作られていたから。

一応、年齢が3歳でも10歳からのコースを使ってもいいのかと、
販売元のエスプリラインさんに聞いてみたのですが、

これも何の問題もないということ。

やはり、英語耳を作るには早ければ早いほどよいそうですよ。

ですので、3歳でも大人向けのコースでもよいそうですよ。

販売元のエスプリラインの話ですと、
親子で一緒に取り組んでいたり、
親がスピードラーニングを聞いていたら、
そばで聞いていた子供が、
自然に英語を覚えていたという報告

たくさんあるそうです。

ただ聞き流すだけで、
娘の口からポンッと英語がでてくる日を楽しみに
頑張らない英語教育を我が家もこれから始めようと思います。

スピードラーニング ジュニアコースについて
もっと知りたい方は公式ホームページに詳しく記載されています。
参照してみてください。

2009年8月より「スピードラーニング ジュニア」として、
リニューアルされましたので、さらにさらに楽しめると思います。

公式ホームページはこちらです。

『スピードラーニング・ジュニア』

2011年01月21日

スピードラーニング ジュニア 12巻。ついに完結!

スピードラーニング ジュニアの第12巻が到着しました。
ついに最終巻です〜(TT)

2011_0121_140253.JPG

スピードラーニングを聞けない日も少しありましたが、
コツコツ聞き続けた全12巻。
感動です〜!

娘に、
最後のさとしが来たよ〜!」
(※さとしとはスピードラーニング ジュニアの主人公のことです)

と伝えると、すごく残念そうな顔をしておりましたが、
スピードラーニングの封筒をいっしょに開封してみると、なんと、ここでサプライズが!

2011_0121_140320.JPG

「さとしの仲間たち」と書かれたA4判のクリアファイルが入っていました。

おぉ〜!!
こんなサプライズがあるなんて素敵ですね。

エスプリラインさんありがとうございました。
このファイルは即効、娘に奪われたのは言うまでもありません。

記念すべき最終号の内容ですが、

・Tell me about Japan.

(日本について教えて)

・A Teacher's Dream.
(ある教育者の夢)

です。

・Tell me about Japan.
は、さとしが学校で日本の文化について発表するお話で、

・A Teacher's Dream.
のほうは、「福沢諭吉」のお話です。

Heaven did not make one man above another nor one man below another.

(天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず)

とても有名な言葉ですね。
この言葉が、スピードラーニングを通して
娘の心に深く残ることを、母として望んでいます。

今回の最終巻に登場した
福沢諭吉のように
自分の信念を持ち続け、
夢を実現できる力を持った大人に育ってくれればいいな。

スピードラーニング ジュニアを聞くようになって、
娘の英語への興味はどんどん膨らんでいっています。

先日、娘の通う保育園で、
仲のあまりよくない友達と言い争ったらしく、

それが、
自分の名前をいうときに

娘は「I'm ●●●.」と言ったのに、
お友達は「My name is ●●●.」といい、

どっちが正しいのかということが問題になり
2人で口ケンカになってしまったようです。
(ちなみにお友達は地域の多言語のサークルに入っています)

小学校入学前なのに、
英語のことでお友達と喧嘩するなんて、
なんだか、面白くて笑ってしまいました。わーい(嬉しい顔)

こういうことをたくさん積み重ねていって、
英語の興味をどんどん伸ばしていって欲しいですね。

今回でスピードラーニング ジュニアは最終巻となりましたが、
我が家のジュニアを聞くという習慣は今後も続けていきますので、
更新を楽しみにしていてくださいね^^

それから、現在、スピードラーニングの販売元のエスプリラインさんより
【『スピードラーニング』シリーズ語学習得支援】キャンペーン実施中です。

なんと、スピードラーニングの初回セットが半額でGETできちゃいます。
2011年1月31日(月)までなので、

なんとなんと!!
『スピードラーニング』シリーズ語学習得支援】キャンペーンが延長されました!!
2011年2月28日(月)までです!!
まだGETできてない方は、今がチャンス!!

この機会にぜひ!
詳しくは公式ページを参照ください。→『スピードラーニング・ジュニア』

【追記】※キャンペーンは2011年2月28日に終了いたしました。

2010年11月24日

スピードラーニング ジュニアでHappy Halloween!

2010_11240002.JPG

スピードラーニング ジュニア 11巻の到着です〜。
時がたつのは早いもの。
あっというまの11巻。

来月はいよいよ最終巻となります。
嬉しいような寂しいようなそんな心持です。

今月のお話は、

・Halloween(ハロウィン)
・A Trip in Space(宇宙旅行)

でした。

ハロウィンって私が子供の頃は、
遠い外国の
日本には無縁の行事というイメージでしたが、

最近は、お祭り好きの日本人の文化に
クリスマスやバレンタインデーのように浸透してきつつありますね^^

halloween2.gif

私が住んでいる町では毎年、2日間にわたり
大がかりなハロウィンイベントが催されるので、
今年も親子で参加してまいりました。

ハロウィンの猫ちゃん

大人も子供も気合の入った仮装を楽しみ、
スタンプラリーやコンテストまであって今年も楽しい日を過ごしました。
こんな素敵な猫ちゃんもいるんですよ〜笑

スタンプラリーでスタンプを押す際には、
スピードラーニング ジュニア 11巻でもでてきた、
「Trick or Treat! 」(お菓子くれなきゃ いたずらしちゃうぞ〜)

「Happy Halloween」(ハッピーハロウィン♪)という必要があり、
娘も何度も何度もしゃべっておりました。

その効果か、
家に帰ってからもスピードラーニング ジュニアの11巻をかけると、
嬉しそうにしております^^


そうそう、
以前 ママチャリの後ろの子供乗せの足置きが取れて
娘が大けがをしたという日記をかきましたが
http://1junior.seesaa.net/article/142744527.html

そんなことになってしまったのはうちだけじゃなかったようで、
多くのキッズが同じような目にあったそうで
56万台がリコール対象に!

「うちも事故ってます!」とブリジストンに電話したら、
優先的に新しいのを取り付けにきてくれました!

参考URL:
「鉄製 自転車用後席幼児座席(リヤチャイルドシート)」無償交換のお知らせ
〜リコール対象の拡大〜


ブリジストン社の自転車乗せを使っている方は要注意です!!
私のママ友のほとんどの自転車がリコール対象になっていました。。
我が家のようにならないように、
早めの対応をしてくださいね!!

CA390464.jpg

娘の足の傷は完治したものの、
やはり1cmぐらいの傷が残り、この傷を見るたびに胸が痛みます・・・。

2010_11240001.JPG

画像左側が新しくつけてもらったチャイルドシートです。

2010年11月16日

お昼休みの全校放送にスピードラーニングが!

以前、スピードラーニング 英語を
学校の英語教育に取り入れている高校が全国に2校あることを
お伝えしましたが、

なんとなんとなんと〜。

さらにもう1校増えたそうですよ!

今回、スピードラーニングを取り入れる学校は
埼玉県にある花咲徳栄高等学校
(「はなさきとくはる こうとうがっこう」と読みます。
素敵な学校名ですね^^)

1982年に開校した新しい学校(私より若いわ〜笑)ですが、
国際教育や国際交流などに積極的な学校だそうです。


2010年の10月から毎日お昼休みの校内放送で、
スピードラーニング 英語を聞き流しており、
効果測定など行っているそうなので、
その結果がでるのが楽しみですね^^

私はこういうニュースを聞くと、
毎回羨ましくてなりません〜。

学校側から積極的に英語を毎日聞ける環境を提供してくれ、
子供達はただ、ご飯を食べたり、友達とおしゃべりしているうちに、

obentou1.gif

スピードラーニングのおかげで、
いつの間にやら英語が聞こえる耳が誕生!!

nabinekutai.gif
あぁ〜。羨ましい。
私が子供時代に、こういう学校に通えていたら幸せだったなぁ・・・。

次の望みは
わが娘にたくすことにしよう。
さぁ、今日もスピードラーニング ジュニアをおうちで楽しも〜。

2010年10月07日

娘、6歳の誕生日&スピードラーニングジュニア10巻

娘が3歳の時から聞き流しを始めた「スピードラーニング ジュニア」ですが、
あっという間に月日は流れ、
娘はとうとう6歳の誕生日を迎えました。

2010_09110001.JPG

チーズケーキ以外のケーキが苦手な娘の要望で、
今年の誕生日ケーキは娘の好きな「チーズオムレット」を並べただけ・・・。


「こんなの誕生日ケーキじゃない〜」と親はすごくすごく不満でしたが、
娘は大喜びでありました。

過去のブログをふりかえってみると、
2008年3月からジュニアの聞き流しを始めたようなので、
およそ2年半!!

3日坊主のB型の私が
娘のために、こんなに長く1つのことを続けられたなんて奇跡です!!

自分で自分を褒めたい気分です。笑

ここまで長く続けられたのは、
やはりスピードラーニングだから。

私のやることは1日1回、
CDプライヤーの「入」ボタンをプッシュするだけですから^^
たの子供向け幼児英語教材だと続かなかったかも・・・

6歳の誕生日を迎えた娘は
もう幼児さんは卒業。
来年の春からはピカピカの小学生となります。

きっと宿題をかかえて帰ってくることでしょうから、
ますますスピードラーニングを聞き流す時間が増えることでしょう。ニヤリ。

さて今月はスピードラーニング ジュニア 10巻を聞き流ししました。

2010_10050003.JPG

10巻の内容は、
・Chicken Soup is the Best Medicine
(チキンスープは最高!)
・Letter from America
(アメリカからの手紙)


です。

私が興味をもったのはChicken Soupの方♪
なんとアメリカでは、
風邪の時に母お手製のチキンスープを飲むのだそうで、

「チキンスープなんて、風邪じゃなくてもいつも飲んでるんじゃないの〜???」
と私はかなり疑問。

日本なんて昔は風邪をひくと
子供なのに「たまご酒」なんて
お酒が入った特別な物を飲まされていたのに、

アメリカではただのチキンスープが風邪にきくと思われているなんて
とても信じられません。

(ちなみに「たまご酒」ですが、私はあの味が大の苦手で、
 風邪をひくと母が作ってくれた「たまご酒」がある意味、恐怖の時間でした。
 それに現在はアルコールは喉に悪いとのことで
 飲ませる家庭は少ないようですね)

で、いつものようにネットで検索!

するとやはりアメリカでは民間療法として「チキンスープ」が主流。
その効果を研究している学者さんもたくさんいらっしゃり、
レポートまで存在するようです・・・。

チキンスープを飲むことにより、体が芯まで温まり
さらに滋養に良い鶏肉が体力を回復してくれるようですね・・・。

でも、別に他の食材でもいいんじゃないかと
まだまだ納得のいかない私でありました。

国によって風邪の時に食べる物が違うようですよね。
調べてみると面白そうです。

ちなみに私は風邪の時にはアイスとプリンを食べまくる悪い母です。

このスピードラーニング10巻を聞いている娘ですが、
きっと次に風邪をひいた時は「チキンスープ」を作れと行ってきそうな予感がします。

2010年08月02日

スピードラーニング ジュニア の効果やいかに〜プリンスエドワード島にて

先日、私と5歳の娘と60過ぎの母と親子三世代で
カナダのPrince Edward Island(プリンスエドワード島)へ行ってきました。

2010_07230200.JPG

私の母が私が大学生の頃から
「赤毛のアン」の島、プリンスエドワード島に行きたい!
と言っていた夢を、
叶えてあげたかったのと、

娘が3歳から始めているスピードラーニング ジュニアの効果を
英語圏で肌で感じたかったので、
今回のカナダへの海外旅行を決行いたしました。

プリンスエドワード島までは
飛行機に乗っていた時間は約15時間(乗換あり)・・・。
日本との時差12時間ふらふら

5歳児の娘が飛行機の15時間をどこまで耐えられるかが勝負でした・・・。

が、話が長くなりそうなので、
詳しい海外旅行の様子は後日別の機会に報告いたしますね^^;

カナダへの旅行は6泊7日。
「ハリファックス」「キャベンディッシュ」「シャーロットタウン」の都市をめぐり、
カナダの赤土に記念の植樹をしたり、
一般の家庭におじゃまして、
手作りのいちごマフィン(めちゃめちゃ美味しくて厚かましくも
レシピをいただいた帰りました)
を食べたりと、
美しく、そして楽しい時を過ごしました。

2010_07230515.JPG

カナダは
自然や街並みが信じられないほど美しく、
そして、旅行で出会ったカナダ人はみんなフレンドリーで、
時間がゆっくりと過ぎていきます。

日本のように生活に不必要な物がひしめいてなくて、
必要なものだけに囲まれて
物を大事にしながら暮らしている
ようでした。

日本人はこの暮らしを、
見習わなくてはならないと強く感じました。

またカナダは、のんびり女一人旅も
堪能できそうな国です。

もう少し日本から近ければ「絶対にまた訪問したい国」です!
(なにせ、日本から遠すぎる・・・)

そして、娘なのですが、
4歳の時に台湾、5歳の時に韓国に旅行に行って、
言葉が通じないことに慣れてしまっており、
日本にいる時と同じように、ノビノビと過ごしていました。

(入国審査でもビビることなく、
パスポートを持って一人でスタスタと審査を受けるなど、
頼もしい限り〜。)

スピードラーニング ジュニアのおかげで
英語が耳慣れしているので、
英語に対する違和感を全く持っていないようでした。
これってやはりすごいことですよね!!

今までアジアしか連れていったことがなかったので、
体格のいいカナダ人を見たらびびるのではないかと
ちょっと思っていましたが、
そんな心配も全く無用でした^^

英語の方は、まだ5歳ですから
ペラペラと英会話ができるわけもありませんが、

すごく簡単なあいさつ言葉は私が教えないでも
勝手にしゃべっていました。

しかも笑えるのが、
私の母、つまり娘のおばあちゃんに、
「おばあちゃんは、カナダに来て Thank you と Hello の二つしかしゃべってないよ〜」
と突っ込んでいたこと!

さらに、
「●●(←娘の名前)は他にも アポー とか バナ〜ナ とか
ヤー!(Yeah!)とか英語いっぱい知ってるのに〜。」

と知っている英単語をいろいろ並べて自慢げでした・・・。

その後、おばあちゃんも、
大人げないことに、
知っている英単語を並べて娘と
はりあってました・・・。

それから面白かったのが、
帰りの飛行機の中で、
娘は英語かフランス語の二ヶ国語しか選択できない
子供向けのアニメをフランス語で見ていたのですが、

突然、紙ナプキンに
こんなものを書き始めました。

TS3R0076.jpg

本人曰く、
フランス語の歌だそうです。
「ゆ・ゆ・ゆ・ゆらぽりかりちえ〜 ゆ・ゆ・ゆ・ゆらぱりかんちえ〜???」

そんなフランス語あったっけ?
と謎なのですが、
日本語や英語以外にも抵抗感がない娘に
感激してしまいましたよ〜。

今回の旅行、
娘のたくましさを知るよい機会になりましたした。

2010_07230525.JPG

さて、来年はどこに連れて行こう!
またばあちゃんも誘おう。
今からとっても楽しみです。
教材の具体的な内容については、
公式ページでご確認ください。
最新の情報を得ることができると思います。

『スピードラーニング英語ジュニアコース』